レーザー溶接機とアーク溶接機

  • HOME
  • >
  • 溶接機コラム

▼ コラム

「レーザー溶接機」と「パルスアーク溶接機」の違い

宝飾加工や歯科技工,板金加工などでは、レーザー溶接機が無くてはならない機材になっています。溶接加工に使われる機械で代表的なのは、「レーザー溶接機」と「パルスアーク溶接機」です。導入の際に一番考えられるのは、設備費です。レーザー溶接機は、数百万円するので、簡単に導入することが出来ません。その際に、予算の問題で「パルスアーク溶接機」にしよう!と考えられた方も多いと思います。
一般的に言われるのが、レーザー溶接機は高額だから「パルスアーク溶接機」で我慢しよう。という言葉です。レーザー溶接機は、数十年前より開発され確立した溶接機材になっているとともに、使用しているユーザーも多いです。
「パルスアーク溶接機」は数年前より開発された、新しい溶接機材です。2~3年前では、良い機械とは言えませんでした。その時に購入された方は、「パルスアーク溶接機は使えないよ!」と、言っていたと思います。その後数年で性能は倍以上になり、微細な溶接も可能になりました。簡単に説明すると、レーザー溶接機とパルスアーク溶接機は、用途と使用方法で別の機械という認識でいてほしいのです。実際、大きな宝飾工場では、レーザー溶接機数台とパルスアーク溶接機を数台、設備しています。丸カン0.4φ以上では「パルスアーク溶接機」で溶接し、0.2以下の丸カンは、レーザー溶接機で溶接しています。
レーザー溶接機では、丸カンでは数回打つ必要がありますが、パルスアーク溶接機は、1回で綺麗に溶接機できます。逆に、レーザーは非接触なので、届きづらい箇所の溶接にはレーザー溶接しかできません。
丸カンは、綺麗に閉じてからではないと溶接できません。しかし、「パルスアーク溶接機」では、慣れると丸カンの閉じ部の隙間が空いてい
ても溶接が出来てしまいます。 仮着機能も付いているので、仮着機としても使用できます。
今までの話では、「パルスアーク溶接機」がお勧めだよ。という文に感じてしまいますが、「パルスアーク溶接機」が良いという話ではあり
ません。シーフォースでは、レーザー溶接機もパルスアーク溶接機も同じ台数の販売数です。両機種に良い特徴があり、世界では
レーザー溶接機と「パルスアーク溶接機」を使い分けているという事を伝えたいのです。
シーフォースのショールームでは、レーザー溶接機とパルスアーク溶接機の実機をご覧いただきながら、違いを実演致します。
私、斎藤が担当させて頂きますので、是非一度ご来社下さい。

溶接機担当 斎藤真
著書
溶接リーダー 斎藤

レーザー溶接機とパルスアーク溶接機の違い

  レーザー溶接 パルスアーク溶接機
溶接方法 非接触 接触
価格 高額 安価
盛り溶接 簡単 少し難しい
巣埋め 簡単 少し難しい
溶接可能金属 貴金属全般 貴金属全般
大物溶接の難易度 時間がかかる 早い
微細溶接の難易度 簡単 多少の技術が必要
仮着機能 搭載していない 可能
丸カン等の溶接 数回の溶接が必要 1回の溶接で可能
爪の修正等 簡単 多少の技術が必要
     


購入前の相談や、見積などお気軽にお問い合わせ下さい。

溶接機のお問合せ先

電話でのお問い合わせ
TEL:03-5817-1550 機械部宛て 
メールでのお問い合わせ

フォームメールで送信できない場合は、welding@seaforce.co.jp